×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



TOP > コロイド物質について

コロイド物質について

●コロイド物質●

- 大地、水、空気に次ぐ、我々の"第4の財産" -

ニューヨークにあるRCA社ビルのオフィスで、重役達は紫色のランの花を息をのんで見つめていた。
ほんの少し前まではかれて黄色くしなびていたランの花が、今や活き活きとして、色鮮やかに蘇ったのである。
そして生命を取り戻したランの花は、その後16日~17日もの間咲き続けた。

この実験では、アメリカの著名な学者であるフレデリック・S・メイシー博士の手によって、ティースプーン1杯の褐色の液体が、花の入った水に加られた。

この実験こそが、コロイド化という比較的未知の化学分野に横たわる謎を指摘したものであり、そこにいた重役達が1年以上もの間、彼らの世界的に有名な製薬会社を代表して立ち会ってきた、数々の実験のうちの1つであった。

数日後、重役達はメイシー博士の使用したものと類似した溶液の所有権を18年間にわたって所持する契約を結び、その研究に年間200万ドルを費やす決定を下した。

コロイド化学とは何かを理解するためには、まず生物の組織や器官は単純に、何億もの細胞が集まってできているものと考えていただきたい。

エネルギー、すなわちそれらの細胞の生命力となるものは、鉄やヨウ素、マンガン、銅などを含むミネラル・金属元素からきており、人間の体内には約32のミネラル・金属元素と、ほぼ同数の微量ミネラル・微量金属元素が存在する。

コロイド化学とは、これらの物質をごく細かくし、生物細胞が利用できる大きさに変換する化学である。

自然な状態では、これらの物質はコロイド状で細胞に供給されるが、現在では実験室でコロイド状物質を生産することも可能になった。
「最近ではコロイド物質の作用によって寿命が延びており、この分野の研究が進めば、平均寿命を延ばすことがでざるようになるだろう」とメイシー博士は述べている。

枯れたように見えたランの花の場合、花の細胞を形成しているミネラル類と金属元素のバランスを正常に戻すために、コロイド状の銅が、必要とされていた。
そして、いったんこのバランスがもとに戻ると、細胞は機能しはじめ、ランの花は生命を取り戻したのである。

米国コロイド物質研究所には、非常に奇妙な映画がある。
奇妙だというのは、この映画が「頭痛」の映画だからである。
この映画に登場する役者達は、何百万倍にも拡大された、人間の頭の中の神経である。

つまり、この映画では、頭痛を見ることができるのである。

これらの神経の末端は、からまり合い、よじれて、頭痛を引き起こしている。
そしてそこへ、コロイド物質が登場するのである。
この血球よりも小さな救助者達は、生命維持に必要な金属元素のバランスがくずれた場所へ向かって、まっすぐに進んでいく。
そして、実験室で作られたこれらのコロイド物質は問題のあった箇所を正常な状態に戻していく。
それによって、神経のねじれはなくなり、弛緩して、正常な状態に戻るのである。

電気学の権威であるステインメッツ博士は、フィステル(ろう)の治癒にコロイド物質を利用する方法を考案した。
また、ニューヨークにある有名な犬猫病院、バイダウィー・ホームでは、以前は3ヶ月かかった皮膚病の治癒を、コロイド物質を使用することによって、3日で行えるようになった。

米国中西部の大都市では、生活用水にコロイド状のヨウ素を投入することで、甲状腺腫を予防することができるようになった。

アルコール中毒の治癒を行っているある著名な団体は、現在、過度の飲酒による悪影響を克服するだけでなく、アルコールに対する欲求を抑える働きもあるコロイド溶液の実験を続けている。

このような治癒は、金属元素を患者に与えること(アルコール中毒患者の場合はアルコールの毒成分によってくずれたバランスをもとに戻す働きのある金とヨウ素補)によって行なわれている。

コロイド状ミネラルの働きは、一部、電気運動によって説明することができる。
病気に冒された細胞や、死んだ細胞または壊れた細胞は、ちょうど鉄くずが磁力に引き寄せられるように、電磁気の力によって、コロイド状ミネラルに引き寄せられる。
コロイド状ミネラルはこれらの衰退した細胞や有害物質を、血流に運び入れて排出し、その間体内組織は、コロイド状ミネラル中の必要な物質を体内に取り込むのである。

コロイド物質の持つ、未知の計り知れない力を説明するために、簡単な例を1つあげてみよう。
まずここに、1辺が2.5cmの鉄の立方体があるとしよう。
立方体の表面積は、37.5平方㎝である。電荷は立方体の表面にあるため、表面積が大きければ大きいほど電荷も大きいことになり、この立方体をより小さな立方体に分割していくと、表面積を大きくすることができる。
コロイド化学では、この鉄の立方体を、目に見えないほど小さな粒子にまで分割することができ、その結果、表面積は37.5平方㎝から約51,400平方㎝にまで広がり、そこから生じる電気エネルギーは膨大な量になる。

ヨウ素を例にとってみると、コロイド状のヨウ素は、人間の体細胞を正常に保つために欠かすことのできない物質のうちの1つである。
しかし、もしあなたが遊離状のヨウ素を0.1~0.2g飲んだとしたら、おそらくそれは死につながるだろう。
これを説明する際、メイシー博士は200gのコロイド状ヨウ素の入ったコップをかかげて見せた。
「コロイド状ヨウ素は、遊離状ヨウ素約50g、つまり300人分の致死量に相当します。」と博士は述べ、そのコロイド状ヨウ素を飲んで見せた。
つまり、ヨウ素はコロイドの状態ならば、無害であるばかりでなく、人体にとって有益なのである。
同じことが、ヒ素やその他の猛毒とされている物質にもいえる。

コロイド化学は、イギリスの化学者デビット・グラハム博士によって、50年前に生み出されたが、それが医学や農薬、産業の分野にまで及ぼす計り知れない効力が注目されだしたのは、ごく最近のことである。

近年、世界的に著名な学者が、こう述べている
-『人類は今や、テレビさえ作りあげた。今の我々に残されている唯一の大きな課題は、コロイド金属を理解することであろう。そしてそれは、大地、水、空気に次ぐ、我々の"第4の財産"となるだろう。』

 
最後にメイシー博士はこう結んでいる。

『コロイド金属の研究は、人類の持ちうる知識の最高点へと達する道を築くだろう。』
 

READER'S DIGEST(リーダーズ・ダイジェエスト)より


TOP > コロイド物質について


Copyright(C) 1996-2005 Life Plus International. All Rights Reserved.